回盲弁症候群性頭痛かもしれないと感じた方は丸山カイロへ

東村山市で腰痛の治療は丸山カイロプラクティック

回盲弁症候群と頭痛の関係

回盲弁症候群が頭痛の原因になっていることはよくあることです。
繰り返し起こる頭痛はもしかすると回盲弁症候群が原因かもしれません。

 

回盲弁症候群で頭痛がおこる仕組み

回盲弁機能が低下していると未消化の栄養素が大腸に流入してしまいます。
大腸で腸内細菌がその未消化の栄養素を餌にしています。
タンパク質が未消化のまま大腸に流入すると腸内細菌によってタンパク質が消化され、アンモニアが発生します。
アンモニアが腸管から吸収されて、肝臓での解毒能力を超えてしまった場合、血中にアンモニアが入り込んでしまいます。それが脳に到達したときに頭痛がおきてしまいます。
便秘がちの人で直腸でアンモニアを吸収してしまった場合は、肝臓を経由せずに直接血中に入り込むため頭痛がおきやすくなっています。
この毒素による頭痛はお酒の飲みすぎで肝臓で解毒しきれなかった毒素が脳に回って頭痛がするのと同じようにおきます。毒素が解毒されると頭痛は収まります。3時間から6時間ぐらいで頭痛は収まっていきます。

 

回盲弁症候群性頭痛の傾向

  • 朝起きたときになんとなく頭痛がおきそうな気がする
  • ストレス解消で食べ過ぎてしまう
  • 食べても満腹感が乏しい
  • 腰痛がある
  • 便秘がちである
  • 体温が低い(アンモニアには冷却作用があるため腸内が冷えます)
  • ストレスがたまると頭痛になる(ストレスは回盲弁機能を低下させます)

 

このような傾向にある頭痛の人はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。
回盲弁症候群性頭痛かもしれないと感じた方は一度丸山カイロプラクティックの検査を受けてみてください。

 

回盲弁症候群性頭痛のちょっとした対策
消化の良いものを食べる。よく噛んで食べる。動物性タンパク質の摂取を控える。ドローイン呼吸・腹式呼吸を心がける。
などを行うと回盲弁性頭痛の予防につながります。

関連ページ

便秘と下痢の回盲弁症候群
便秘と下痢を繰り返すのは回盲弁症候群の典型的な症状の一つです。それに加えて頭痛や腰痛、アレルギーなどがあれば原因は回盲弁症候群かもしれません。一度丸山カイロプラクティックにご相談ください。
ぎっくり腰の原因が回盲弁症候群だった 東村山市の男性の症例
急性腰痛の原因が回盲弁症候群にあった症例です。その方は問診で回盲弁症候群の可能性の徴候を言っていたため、回盲弁にアプローチをしてみたところ劇的にぎっくり腰が改善しました。
回盲弁症候群を引き起こす原因
回盲弁症候群の原因は食べ物による刺激やストレス、血液循環のうっ滞、リンパ循環の停滞、細菌の寄生 などです。
回盲弁症候群の検査
回盲弁症候群に陥っているかどうか、自分の症状に回盲弁症候群が関係しているかどうかはキネシオロジー検査でわかります。なかなか改善しない症状の方は一度検査を受けてみてください。
回盲弁症候群の治療
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
食後の急激な眠気と回盲弁症候群の関係
回盲弁症候群による毒素の吸収で肝臓に負担がかかり、食後に激しい眠気を催すことがあります。回盲弁の機能を改善することで、激しい眠気を改善できることが期待できます。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
腰痛の意外な原因に回盲弁症候群
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。毒素が腰の筋肉などを刺激して腰痛を引き起こします。なかなか良くならない腰痛はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。
アトピーの原因は回盲弁症候群
アトピー性皮膚炎はアレルギー物質に対しての過剰なアレルギー反応が皮膚で起こった現象です。回盲弁症候群によって腸から吸収された毒素がアレルギー反応を引き起こしている可能性があります。良くならないアトピーは回盲弁症候群を疑ってみてください。
貧血と回盲弁症候群の意外な関係
貧血の隠れた原因に回盲弁症候群があります。鉄のサプリメントを飲んでも貧血が改善しない場合は回盲弁症候群を疑ってみたほうがいいかもしれません。
尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼け・回盲弁症候群に共通する犯人は緑膿菌だ!
回盲弁症候群だけでなく、尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼けがあるようであれば、回盲弁症候群の原因に緑膿菌が関係しています。緑膿菌と回盲弁症候群の関係について説明します。
腰痛と回盲弁症候群の関連をキネシオロジー検査で調べる
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。腰痛と回盲弁症候群が関係しているかどうかはキネシオロジー検査で調べることができます。

Top こんな症状の方 症例報告 施術の流れ スタッフ お問い合わせ 料金・所在地