回盲弁症候群かもしれないと感じた方は丸山カイロへ

東村山市で腰痛の治療は丸山カイロプラクティック

回盲弁症候群の検査

回盲弁の機能が障害されているかどうか、症状に回盲弁が関係しているかどうかの検査は一般の病院や治療院で行われることはありません。

 

丸山カイロプラクティックではキネシオロジー検査で回盲弁症候群を調べます。
キネシオロジー検査は刺激に対しての体の反応を読み取ります。
詳しくは「キネシオロジー検査」で。

 

回盲弁症候群があるかどうかの検査

 

回盲弁部分を手で触ります。
回盲弁症候群の検査
もし、回盲弁に機能障害があるとキネシオロジー検査検査に反応が出ます。
回盲弁症候群のキネシオ検査

症状と回盲弁症候群が関連しているかどうかの検査

症状のある部分を手で触ります。
反応が出たら、さらに回盲弁部分を触ります。
その状態で反応が消えた場合、回盲弁症候群が症状と関連しているという反応です。
回盲弁を治療することで症状が改善されていきます。

 

<例えばアトピーの場合>

アトピー部分を手で触ります。
反応が出れば、次に回盲弁部分を触ります。
反応が消えたらアトピーに回盲弁症候群が関係しています。
回盲弁を治療することでアトピーが改善していきます。

 

回盲弁症候群の原因を調べる検査

回盲弁部分に手をあてて反応が出たならば、影響のありそうな刺激を加えます。

 

アレルギーが関連している場合

栄養素のアレルギーが関連している場合はアレルギー源の波動のカプセルを手に持ちます。
反応が出た場合は、その物質に対してのアレルギー治療を行います。
回盲弁症候群では多くの場合、ミネラルやビタミンB群のアレルギーがある傾向にあります。

 

ンパ循環の停滞が関係している場合

リンパ循環が関係している場合はリンパの反射点に磁石で刺激をすると反応が変わります。
リンパマッサージを行うことで回盲弁周りのリンパ循環が改善されます。

 

血流のうっ滞が関係している場合

骨盤や腰椎からの自律神経反応をチェックします。
骨盤や腰椎に刺激を加えて反応が変われば、骨盤や腰椎に対してアプローチを行って回盲弁周りの血流のうっ滞の改善を促します。

関連ページ

便秘と下痢の回盲弁症候群
便秘と下痢を繰り返すのは回盲弁症候群の典型的な症状の一つです。それに加えて頭痛や腰痛、アレルギーなどがあれば原因は回盲弁症候群かもしれません。一度丸山カイロプラクティックにご相談ください。
ぎっくり腰の原因が回盲弁症候群だった 東村山市の男性の症例
急性腰痛の原因が回盲弁症候群にあった症例です。その方は問診で回盲弁症候群の可能性の徴候を言っていたため、回盲弁にアプローチをしてみたところ劇的にぎっくり腰が改善しました。
回盲弁症候群を引き起こす原因
回盲弁症候群の原因は食べ物による刺激やストレス、血液循環のうっ滞、リンパ循環の停滞、細菌の寄生 などです。
回盲弁症候群の治療
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
回盲弁症候群と頭痛の関係
ほとんど知られていない頭痛の原因に回盲弁症候群性頭痛があります。腸から吸収された毒素成分が肝臓で解毒しきれずに血中に入り込み、脳内の血管を刺激して頭痛がおきます。
食後の急激な眠気と回盲弁症候群の関係
回盲弁症候群による毒素の吸収で肝臓に負担がかかり、食後に激しい眠気を催すことがあります。回盲弁の機能を改善することで、激しい眠気を改善できることが期待できます。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
腰痛の意外な原因に回盲弁症候群
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。毒素が腰の筋肉などを刺激して腰痛を引き起こします。なかなか良くならない腰痛はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。
アトピーの原因は回盲弁症候群
アトピー性皮膚炎はアレルギー物質に対しての過剰なアレルギー反応が皮膚で起こった現象です。回盲弁症候群によって腸から吸収された毒素がアレルギー反応を引き起こしている可能性があります。良くならないアトピーは回盲弁症候群を疑ってみてください。
貧血と回盲弁症候群の意外な関係
貧血の隠れた原因に回盲弁症候群があります。鉄のサプリメントを飲んでも貧血が改善しない場合は回盲弁症候群を疑ってみたほうがいいかもしれません。
尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼け・回盲弁症候群に共通する犯人は緑膿菌だ!
回盲弁症候群だけでなく、尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼けがあるようであれば、回盲弁症候群の原因に緑膿菌が関係しています。緑膿菌と回盲弁症候群の関係について説明します。
腰痛と回盲弁症候群の関連をキネシオロジー検査で調べる
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。腰痛と回盲弁症候群が関係しているかどうかはキネシオロジー検査で調べることができます。

Top こんな症状の方 症例報告 施術の流れ スタッフ お問い合わせ 料金・所在地