回盲弁症候群かもしれないと感じた方は丸山カイロへ

東村山市で腰痛の治療は丸山カイロプラクティック

貧血と回盲弁症候群の意外な関係

貧血は鉄分不足が原因だといわれています。

貧血は「貧しい」+「血」です。
血に鉄分が貧しい状態。それが貧血です。
血液の中の鉄分は赤血球と結びついています。なので、赤血球数が少ないと当然鉄分も不足してしまいます。
女性は月経によって血液が排泄されてしまうため、貧血になりやすい傾向にあります。

 

赤血球数は排泄によって減少するというだけでなく、作り出す能力が低下していることでも赤血球数が減ってしまいます。

 

赤血球を作り出す能力と回盲弁症候群が関係している

赤血球を作り出す能力と回盲弁症候群は関係しています。
赤血球の造血にはビタミンB12と葉酸が必要です。
ビタミンB12は約5年間分のストックが肝臓にあるため、欠乏することはめったにありません。しかし、不足状態になっていることは人によってはよくあることなんです。

 

ビタミンB12は小腸の回腸末端で吸収されます。
回盲弁症候群になっていると、大腸の排泄物が回腸部に逆流してきてしまいます。
排泄物によってビタミンB12の吸収が阻害されてしまうのです。
ビタミンB12の不足状態がある程度の期間続くと、ビタミンB12に対する固執性アレルギー反応を起こすようになってしまうため、ビタミンB12の不足状態が継続してしまします。

 

ビタミンB12のアレルギーについては「ビタミンB12アレルギー」へ。
完全な欠乏状態とはなっていないので、赤血球の病的な不足状態にはならず、検査数値下限や要注意数値で安定している傾向にあります。
血液検査で赤血球数が要注意だったり、基準値ぎりぎりセーフの人は回盲弁症候群をチェックしてみたほうがいかもしれません。

 

回盲弁症候群のチェックは「回盲弁症候群の検査」へ。

 

関連ページ

便秘と下痢の回盲弁症候群
便秘と下痢を繰り返すのは回盲弁症候群の典型的な症状の一つです。それに加えて頭痛や腰痛、アレルギーなどがあれば原因は回盲弁症候群かもしれません。一度丸山カイロプラクティックにご相談ください。
ぎっくり腰の原因が回盲弁症候群だった 東村山市の男性の症例
急性腰痛の原因が回盲弁症候群にあった症例です。その方は問診で回盲弁症候群の可能性の徴候を言っていたため、回盲弁にアプローチをしてみたところ劇的にぎっくり腰が改善しました。
回盲弁症候群を引き起こす原因
回盲弁症候群の原因は食べ物による刺激やストレス、血液循環のうっ滞、リンパ循環の停滞、細菌の寄生 などです。
回盲弁症候群の検査
回盲弁症候群に陥っているかどうか、自分の症状に回盲弁症候群が関係しているかどうかはキネシオロジー検査でわかります。なかなか改善しない症状の方は一度検査を受けてみてください。
回盲弁症候群の治療
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
回盲弁症候群と頭痛の関係
ほとんど知られていない頭痛の原因に回盲弁症候群性頭痛があります。腸から吸収された毒素成分が肝臓で解毒しきれずに血中に入り込み、脳内の血管を刺激して頭痛がおきます。
食後の急激な眠気と回盲弁症候群の関係
回盲弁症候群による毒素の吸収で肝臓に負担がかかり、食後に激しい眠気を催すことがあります。回盲弁の機能を改善することで、激しい眠気を改善できることが期待できます。丸山カイロプラクティックにご相談ください。
腰痛の意外な原因に回盲弁症候群
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。毒素が腰の筋肉などを刺激して腰痛を引き起こします。なかなか良くならない腰痛はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。
アトピーの原因は回盲弁症候群
アトピー性皮膚炎はアレルギー物質に対しての過剰なアレルギー反応が皮膚で起こった現象です。回盲弁症候群によって腸から吸収された毒素がアレルギー反応を引き起こしている可能性があります。良くならないアトピーは回盲弁症候群を疑ってみてください。
尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼け・回盲弁症候群に共通する犯人は緑膿菌だ!
回盲弁症候群だけでなく、尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼けがあるようであれば、回盲弁症候群の原因に緑膿菌が関係しています。緑膿菌と回盲弁症候群の関係について説明します。
腰痛と回盲弁症候群の関連をキネシオロジー検査で調べる
回盲弁症候群は大腸と小腸を仕切る弁の機能が低して、未消化な小腸の内容物が大腸へ流入、大腸の排泄物が小腸へ逆流してしまう状態です。アレルギー、腰痛、頭痛、肩こり、下痢、便秘、高血圧など様々な症状を引き起こす可能性があります。どこに行っても治らない症状はもしかすると回盲弁症候群かもしれません。腰痛と回盲弁症候群が関係しているかどうかはキネシオロジー検査で調べることができます。

Top こんな症状の方 症例報告 施術の流れ スタッフ お問い合わせ 料金・所在地