東村山市で頭痛、腰痛、肩こり、手足の痺れ、回盲弁症候群の治療なら丸山カイロプラクティック整体へ。清瀬市、所沢市からのアクセスも便利です。

東村山市で腰痛の治療は丸山カイロプラクティック

便秘や下痢だけでなく腰痛・肩こり・頭痛を引き起こす回盲弁症候群

回盲弁症候群というのは小腸と大腸を仕切る弁(回盲弁)の機能が低下してしまい、さまざまな症状を引き起こす状態を言います。
東村山市の丸山カイロプラクティック
・小腸の未消化な内容物が大腸へ流れ込んでしまいます。
大腸に未消化な内容物が流れ込むことによる弊害は無数にあります。
頭痛、腰痛、肩こり、足の痛み、手の痺れ、高血圧、うつ病、アレルギーなどありとあらゆる症状を引き起こす可能性があります。

 

・大腸の排泄物が小腸に逆流します。
小腸に大腸の老廃物が逆流することによる弊害は無数にあります。
頭痛、腰痛、肩こり、足の痛み、手の痺れ、高血圧、うつ病、アレルギー、貧血などありとあらゆる症状を引き起こす可能性があります。

 

便秘と下痢を繰り返す症状は回盲弁症候群の典型的な症状です。
もし、そのような人は注意が必要です。便秘と下痢の回盲弁症候群を参照。

 

回盲弁症候群の原因

自律神経バランスの乱れによるストレス、食べ物のアレルギー、栄養不足、菌の寄生、回盲弁周りの血流やリンパ循環の低下などが原因です。

 

詳しくは回盲弁症候群の原因

回盲弁症候群の検査

回盲弁症候群の検査はキネシオロジー検査を行います。
回盲弁症候群に陥っている場合は回盲弁部分に手を当てて検査を行うと反応が出ます。
回盲弁症候群の検査は東村山市の丸山カイロプラクティック
回盲弁症候群の検査について詳しくは「回盲弁の検査」へ

回盲弁症候群の治療

回盲弁症候群は食事によって常にストレスにさらされていることと、ストレスの原因が多数あるため改善するのには3か月〜6か月と長い期間を要することがあります。

 

腰痛などが回盲弁症候群が原因である場合の腰痛はその場の治療で改善しますが、回盲弁の機能が完全に回復しない限り症状がぶり返してしまいます。

 

回盲弁症候群の治療について詳しくは「回盲弁症候群の治療」へ

どこに行っても良くならない症状は回盲弁症候群かもしれません記事一覧

便秘と下痢を繰り返すのは回盲弁症候群の典型的な症状です

回盲弁症候群に陥ってしまっていると便秘と下痢を繰り返すことがよくあります。便秘と下痢を繰り返すのは回盲弁症候群の典型的症状の一つなんです。回盲弁症候群が下痢と便秘を繰り返す仕組み大腸に未消化のタンパク質が流入するとそれを悪玉菌が食べます。食べている時が便秘の状態です。餌が十分にあり悪玉菌がある程度の...

≫続きを読む

ぎっくり腰の原因が回盲弁症候群だった 東村山市の男性の症例

くしゃみをしただけでぎっぐり腰になったと東村山市在住の男性が来院されました。夕方、くしゃみをした時に腰に強い激痛が走りました。10分ぐらい動けない状態が続きました。会社を早退し最寄駅の新秋津駅からすぐにある丸山カイロプラクティックに訪れました。慢性的に腰痛があり、ぎっくり腰は年に2回ぐらいなる。いつ...

≫続きを読む

回盲弁症候群を引き起こす原因

回盲弁症候群の原因にはアレルギー栄養不足回盲弁周りの血流のうっ滞回盲弁周りのリンパ循環の停滞ストレスによる自律神経症状細菌の寄生によるものなどがあります。きちんと原因が特定できないと、回盲弁症候群の治療には時間がかかってしまいます。その場合、約6か月ぐらい回復に時間がかかります。原因が特定できた場合...

≫続きを読む

回盲弁症候群の検査

回盲弁の機能が障害されているかどうか、症状に回盲弁が関係しているかどうかの検査は一般の病院や治療院で行われることはありません。丸山カイロプラクティックではキネシオロジー検査で回盲弁症候群を調べます。キネシオロジー検査は刺激に対しての体の反応を読み取ります。詳しくは「キネシオロジー検査」で。回盲弁症候...

≫続きを読む

回盲弁症候群の治療

回盲弁症候群の治療は検査で検出された治療ポイントに対してアプローチを行います。アレルギー治療、リンパマッサージ、骨盤・腰椎への自律神経を介したアプローチが主な治療になります。<治療期間・治療回数>回盲弁症候群によっておこっていた症状は数回の治療で改善していくことがありますが、回盲弁自体の機能は回復に...

≫続きを読む

その頭痛はもしかすると回盲弁症候群が原因かもしれません

回盲弁症候群が頭痛の原因になっていることはよくあることです。繰り返し起こる頭痛はもしかすると回盲弁症候群が原因かもしれません。回盲弁症候群で頭痛がおこる仕組み回盲弁機能が低下していると未消化の栄養素が大腸に流入してしまいます。大腸で腸内細菌がその未消化の栄養素を餌にしています。タンパク質が未消化のま...

≫続きを読む

食後の激しい眠気は回盲弁症候群が原因かもしれません

肝臓疲労が眠気の原因食後の急激な眠気や倦怠感の原因の一つに肝臓疲労があります。肝臓での解毒代謝が過剰になることで副交感神経が高まり眠くなります。また、肝臓への血流が多くなることで脳の血流が低下して眠くなるということもあります。なぜ、肝臓疲労が起きているのか?肝臓での解毒作用が過剰な状態であることが影...

≫続きを読む

腰痛の意外な原因に回盲弁症候群があります

慢性腰痛やぎっくり腰などの急性腰痛の隠れた原因に回盲弁症候群があります。これには2つの要因があります。大腸に関連する筋肉によるもの腸腰筋の機能低下によるもの@大腸に関連する筋肉によるもの大腸に関連する筋肉には腰方形筋・大腿筋膜張筋・ハムストリングがあります。回盲弁症候群によって毒素が大腸を刺激すると...

≫続きを読む

アトピーの原因はもしかすると回盲弁症候群が原因かもしれません

強いかゆみや湿疹、かぶれなどにおそわれる「アトピー性皮膚炎」。特に乳幼児に多い病気ですが、近年では大人のアトピーも増えています。アトピーになる原因は様々で、遺伝や食べ物、環境だけでなく、子どもと大人でも変わってきます。もちろんこれらの条件下においても、発症する方がいれば発症しない方もいます。発症して...

≫続きを読む

貧血と回盲弁症候群の意外な関係

貧血は鉄分不足が原因だといわれています。貧血は「貧しい」+「血」です。血に鉄分が貧しい状態。それが貧血です。血液の中の鉄分は赤血球と結びついています。なので、赤血球数が少ないと当然鉄分も不足してしまいます。女性は月経によって血液が排泄されてしまうため、貧血になりやすい傾向にあります。赤血球数は排泄に...

≫続きを読む

尿漏れ・逆流性食道炎・胸焼け・回盲弁症候群に共通する犯人は緑膿菌だ!

尿漏れ、逆流性食道炎、胸焼け、回盲弁症候群一見共通点のない症状ですが、一つ共通点があります。弁構造によって流出をストップする機能がある場所です。この弁機能が低下するために、尿が漏れる、胃液が逆流する、未消化な小腸の内容物が大腸に流入してしまうのです。回盲弁症候群について詳しくは「回盲弁症候群について...

≫続きを読む

腰痛と回盲弁症候群の関連をキネシオロジー検査で調べる

回盲弁症候群が腰痛の原因になっていることがよくあります。腰の筋肉の腰方形筋は大腸(特に虫垂部)に関連があるのです。回盲弁の機能が障害されていて、小腸での未消化の栄養物が大腸に回り込んでしまうと大腸にストレスがかかってしまいます。内臓と筋肉の反射で腰の筋肉の腰方形筋がストレス反応を起こして緊張してしま...

≫続きを読む


Top こんな症状の方 症例報告 施術の流れ スタッフ お問い合わせ 料金・所在地