東村山市で頭痛、腰痛、肩こり、手足の痺れ、膝の痛みの治療なら丸山カイロプラクティック整体へ。清瀬市、所沢市からのアクセスも便利です。

東村山市で腰痛の治療は丸山カイロプラクティック

アレルギーについて

過剰な免疫反応のことをアレルギーと言います。
免疫というのは「免(免れる)」+「疫(病気)」で病気から免れるために働く体の仕組みです。これがちょっと過剰に働いてしまっている状態がアレルギーです。
アレルギーの中でも特に皮膚で反応が起きて皮膚に炎症が起きてしまっている状態をアトピー性皮膚炎といいます。

 

アレルギーの原因となる物質

アレルギーを引き起こす原因となる物質をアレルゲンといいます。
アレルゲンは病気を引き起こす可能性のあるあらゆる物質が原因要素となります。
一般的に菌や寄生虫が体内に入ると病気になるため、菌や寄生虫のタンパク質がアレルゲンとなります。一度アレルギー反応を起こすようになると、類似したタンパクに対してもアレルギー反応を起こすようになることがあります。
解毒処理をすることができない毒素も病気を引き起こすため、アレルギー反応を起こします。また、解毒の際の反応がアレルギー症状となってあらわれることもあります。

 

アレルギーの原因

アレルギーはアレルギー物質に対しての「拒絶」か「固執」反応です。
拒絶反応はアレルギー物質を排除するために免疫細胞が出す活性酸素や炎症性物質の放出を促します。これによって組織が障害されてアレルギー症状がおこります。
固執反応は栄養素の過剰な吸収によって代謝しきれずにアレルギー反応を起こします。
また、固執反応では急激な吸収によって排泄が高まり、リバウンドとして栄養素が不足してしまいます。そのために細胞の修復・再生がうまくできずに体のバリア機能が破たんして、そこからアレルギー物質が体内に入り込むことになって2次的なアレルギー反応を作り出してしまいます。

 

すべてのものにアレルギーの可能性があります

あらゆる食べ物にはアレルギーを発症する可能性があります。
その食べ物をきちんと解毒・代謝・排泄することができた時、その食べ物は「栄養」と呼ばれます。
もし、解毒・代謝・排泄することができないと、その物質はアレルギー物質と案る可能性があるのです。
水溶性ビタミンは過剰に摂取しても害がないといわれています。
それは、小腸・肝臓で解毒代謝されて尿として排泄されるからです。
しかし、小腸や肝臓の機能が低下していると腎臓に負担がかかってしまいます。腎臓の病気はアレルギー反応の影響よって引き起こされることもあるのです。

 

アレルギーの症状

アレルギーの症状はアトピーや蕁麻疹、花粉症などが一般的に見受けられる症状ですが、あらゆる症状にアレルギーが関与しています。
アレルギー反応が頭部の血管で起きれば頭痛が生じます。
毒素排泄に対して腎臓や膀胱でアレルギー反応がおきると切迫性頻尿の原因ともなります。
どこにいっても良くならない、治療をしても改善しない症状の背景にはアレルギーが隠れているかもしれません。
アレルギーについて理解を深めておくことはとても大切です。

 

アレルギーの検査

丸山カイロプラクティックでのアレルギー検査はキネシオロジー検査の反応で確かめていきます。

アレルギーでお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

アレルギーの治療

丸山カイロプラクティックでのアレルギーの治療はアレルゲンに対しての反応が過剰に起こらない様に条件反射を切り替えていきます。
アレルギー反応は経絡・脳脊髄液(膜)・自律神経が記憶しています。
それらに記憶されたアレルギー反応を切り替えることでアレルギー症状が起こらない様にしていきます。

アレルギーでお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

アレルギー症状の根本治療をおこなっています。

 

ご案内

アクセス

適応症

ご予約・お問い合わせ

東村山市の丸山カイロプラクティックの電話番号

メールによるお問い合わせはこちらから

 

営業時間

AM9:00〜PM7:00

定休日

火曜日・祝日

 

<<新秋津駅から徒歩1分のところにあります。

東村山市・清瀬市・所沢市からのアクセスが便利です。

東京都東村山市秋津町5−12−13

 

肩こり・腰痛・ぎっくり腰
頭痛・肩の痛み・首の痛み・寝違え
四十肩・五十肩・インピンジメント
急性腰痛・肘痛・腕の痛み
手の痺れ・足の痺れ・足の痛み
回盲弁症候群・手根管・胸郭出口症候群
テニス肘・ゴルフ肘
骨盤矯正・姿勢の改善
など

アレルギーについて記事一覧

丸山カイロプラクティックでのアレルギー治療

丸山カイロプラクティックではアレルギー治療を行っています。当院でのアレルギー治療は、アレルギー物質と自分の体の反応の仕方(アレルギー反応)を切り替えるということを行っています。一般的に言われている「免疫細胞の過剰反応」ではなく、「免疫細胞の働きに対して脳の過剰反応」であると考えています。脳にはフィル...

≫続きを読む

アレルギー治療の手順

1.アレルギー反応を確認するキネシオロジーの検査でアレルギー物質が体に反応するかどうかを確認します。手にアレルギー物質の波動の入ったカプセルを持って検査を行います。もし、アレルギー反応があるようであれば体は防衛反応を示し、筋力低下や足の長さの変化が現れます。2.アレルギー治療丸山カイロプラクティック...

≫続きを読む

アレルギー除去の基本14項目

アレルギー反応が起こらない様にするためにはアレルギー反応が起こらない体質に切り替えていくことが必要です。そのために、アレルギーの基本の14項目を先に除去することが必要になります。アレルギー除去の基本14項目1.卵2.ビタミンB群3.ビタミンA4.ビタミンC5.ミネラル6.酸7.アルカリ8.タンパク9...

≫続きを読む

アレルギーと脳のフィルター機能異常

脳には体にとって安全であるか安全でないかどうかをふるい分けするフィルター機能があります。ほとんどの食べ物には有害な物質が含まれています。でも、内臓の解毒機能によって無害化して吸収されるので安全です。解毒機能が働かずに、吸収されてしまった場合に脳は有害であると認識してしまいます。そこでアレルギー反応が...

≫続きを読む

食物アレルギーについて

食べ物にアレルギーがある人は結構な割合でいます。目に見える症状を持っていない人を合わせるとほとんどの人が何かしらの食物アレルギーを持っています。食物アレルギーの原因食物アレルギーの原因は3つのパターンがあります。1.食べたものが代謝解毒されずに血液やリンパによって体内に回り込んでしまった際に起こるア...

≫続きを読む

多くの食べ物には毒があります

人が食べる多くの食べ物には毒が含まれています。人は食べ物の毒を解毒して吸収代謝することで栄養を得ています。野菜や果物や穀物の毒性野菜や穀物は人や動物に食べられるためにあるのではありません。野菜や穀物はそれぞれの種族を繁栄させるためにあるのです。動物に野菜がかじられると、それ以上食べられない様に毒素を...

≫続きを読む

アレルギーを防ぐトマト、ナス、ジャガイモ、ピーマンの食べ方

食べ物に対するアレルギーを発症するリスクが高いのは子供です。ナス科の植物であるトマト、ナス、ジャガイモには毒が含まれています。ナス科の植物の毒が原因でアレルギーを発症してしまうことがあります。ナス科の食べものが直接アレルギーを発症するというよりも、ナス科の食べものの毒素によって粘膜が障害されて粘膜か...

≫続きを読む

赤ちゃんの食物アレルギー

赤ちゃんの10人に一人は食物アレルギーがあるといわれています。アレルギー反応があると炎症状態を起こしてしまいます。炎症状態のところに細菌が寄生したり、炎症状態のところからアレルギー物質を吸収してしまうためどんどん悪化していてしまいます。早期に対処することで、アレルギー反応が起こらなくなり、食べれるよ...

≫続きを読む

アレルギーにならないための離乳食の時期

アレルギーは体内にアレルギー物質が入り込んでしまうことで起きる免疫の過剰反応です。消化管粘膜や皮膚に炎症状態があるとそこからアレルギー物質(多くはタンパク質)が入り込んでしまいアレルギー反応がおこります。消化機能が未発達である乳児は消化できない食べものが体内に入るとアレルギー反応がおこり炎症状態とな...

≫続きを読む

離乳食と腸内細菌の関係

離乳食の情報は巷に氾濫しています。丸山カイロプラクティックでは離乳食と腸内細菌の関係から考えられる好ましい離乳食を勧めています。離乳食を検討されている方は参考にしてください。離乳食と腸内細菌の関係離乳食の開始から腸内に悪玉菌・日和見菌が増えていきます。離乳食に菌が含まれていることと、離乳食が菌の餌に...

≫続きを読む

こいつらがアトピー性皮膚炎だった!黄色ブドウ球菌とコネリバクテリウム

健康な皮膚の状態の人は皮膚の常在菌に表皮ブドウ球菌が多く存在しています。表皮ブドウ球菌は不要になった皮膚を食べてくれるし、外部からの刺激をバリアーしてくれる善玉の皮膚常在菌です。アトピーの人の皮膚には表皮ブドウ球菌が少なく、代わりに黄色ブドウ球菌とコネリバクテリウムが多く存在しています。黄色ブドウ球...

≫続きを読む

腹式呼吸を行うことでアトピー性皮膚炎が良くなります

アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌と放線菌ですアトピー性皮膚炎は皮膚に黄色ブドウ球菌と放線菌が寄生することで症状が出るようになります。浅い呼吸の人は血液がアルカリ性に傾きやすく、菌の繁殖を抑制することができない環境になっています。腹式呼吸を行うことでアトピー性皮膚炎の改善が期待できます。浅い呼吸...

≫続きを読む

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。皮膚表面や皮下で炎症状態が続いている状態です。かゆみで皮膚を掻いてしまうことで、皮膚が損傷してしまい炎症状態が悪化してしまいます。アトピー性皮膚炎の原因その1アトピー性皮膚炎は細菌による皮膚組織...

≫続きを読む

丸山カイロプラクティックでのアトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌と放線菌の共存です。放線菌は炎症状態に生息します。皮膚や粘膜の炎症状態がおこらないような環境、皮膚や粘膜のバリア機能が正常に働く状態に環境を切り替えていくことで、原因を改善していきます。医療機関での治療でなかなか改善しないアトピー性皮膚炎の場合、医療機関の治療と...

≫続きを読む

小児(乳児)のアトピー性皮膚炎

全国での小児(乳幼児)の2割はアトピー性皮膚炎になっているようで、決して珍しいものではありません。アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌と放線菌によるものです。皮膚に炎症状態があると症状が常態化してしまいます。アトピー性皮膚炎の原因食べこぼしやよだれ、あせも、衣服のこすれなどが原因となります。皮膚の...

≫続きを読む

大人のアトピー性皮膚炎

大人のアトピー性皮膚炎は子供のころから続いている場合と大人になって突然発症する場合があります。アトピー性皮膚炎の原因は黄色ブドウ球菌と放線菌(コネリバクテリウム・ボビス)の共存です。黄色ブドウ球菌が皮膚に炎症をつくり、放線菌が炎症状態を常態化するため自然回復しません。子供の頃から続いているアトピー性...

≫続きを読む

ビタミンB12アレルギー

全く知られていない不調の原因にビタミンB12アレルギーがあります。ビタミンB12のアレルギーは固執型アレルギーで、排泄が高まることでビタミンB12の不足が生じます。ビタミンB12アレルギーの症状ビタミンB12は細胞の増殖・修復に必要なビタミンです。それが不足すれば、貧血・疲れやすい・免疫システムの異...

≫続きを読む

カニ・エビアレルギーは放線菌が原因

カニやエビなどの甲殻類を食べたら突然体がかゆくなる。甲殻類アレルギーです。カニアレルギーやエビアレルギーの原因はカニやエビなどの甲殻類のタンパク質であるトロポミオシンに対するアレルギー反応であるといわれています。甲殻類アレルギーは難治性のアレルギーの一つです。トロポミオシンのアレルギー反応に放線菌が...

≫続きを読む


Top こんな症状の方 症例報告 施術の流れ スタッフ お問い合わせ 料金・所在地